春近し、こういう季節は毎年、変なオジサンは出没率が高めになりますね。。。

yjimage



ヒートジュース内側ボア付きJKTも入荷してきまして(¥11880)






あと残り僅かですのでお早めにガレージ系バイク乗りONLYに是非来てもらいたいです




ご依頼がありましたトライアンフ3TAの分解と原因追及をしていきたいと思います

<不具合症状>
_个入らない

▲悒奪匹らとにかく異音(キンキン系)がする

バルブサージングしている



このトライアンフはボディ+6Vアースでして

6Vの上+アースとなると12Vマイナスアースが体にしみている現代っ子には

時たまチンプンカンプンになるのであります

へらへらしながら結線なんてしたら短絡の道。。。。
頭では少し理解しても手が間違わないように紙に経路図書いて追っていったらですね

+アースなのにコイル側+に来ている電流が−電流なんですね

そこを繋ぎなおしたら 

火花復活!!




次は異音の心臓部腰上をばらしに

ピストン逝っておりまして
DSC_1064



シリンダー上部から0.7シクネス  ぐっさり。
これはピストン首ふりは間違いないと確信!

普段からCUBを愛用している私、今までの経験上大体ヘッド付近からの異音は
シリンダーヘッド開けて異常がない場合ピストン系からのスラップ音が増幅して
ヘッドから聞こえてくるのがほとんど
カムチェン式なら尚更キン系・ケン系音はピストンです
他こちらの筋系はジムで良く変な音を出します
筋肉の叫びが増幅して声に出るのがほとんどです。



きんにく




しかもピストンサイド傷が半端ないオイル溜まり溝まで削れておりました

ロッド先端ブッシュもなぜかサイドに飛び出してるし

DSC_1067


スタッドは抜けるし・・・

DSC_1066







きんにく


っやーーーっい!

歯〜ガダガダです

プッシュロッドも少しかじっておりラッピングして修正

現状把握で寸法計測
トラにもピストンが沢山ありまして選定作業に重要なポイント

無い金はたいて買い揃えた測定工具が当たり前ですが大活躍!

こまいクリアランスを測定する気持ちがあるほど

じぇねねーず!
山形弁を訳=お金ないんだよ・(ジェネレーターが無い・付いてない)の略

私の財布のクリアランスはガタガタになるのであります。

DSC_1069





ピストンサイズが最大値70.88
シリンダー内径71.23〜71.24
クリアランス約 0.40


どうやらオーバーサイズの中でも一番最大のセットが組んで合ったことが判明

これ以上の4rdピストンがない

DSC_1071



DSC_1070




オーナ様と打ち合わせしSTDボアの
ピストン&シリンダーを

USAとイギリスからとりよせることに・・・・





数日後・・・・

DSC_1158






到着したピス&シリ達

DSC_1177


STDサイズのシリンダー・ピストンとは言え
測定してから作業

DSC_1176


ピストンクリアランス左右 0.08


ロッカーガイド打ち抜き工具も寸法拾い自作しまして

DSC_1178



プレス機でガイド抜き・打ち込みシリンダーはOK





ピストンを組み

DSC_1175



うちは組み込み時ZOIL添付して皆組んでおります・・・・・



シリンダーを組み

DSC_1179




バルブもポリッシュ

DSC_1184



付いていたバルブスブリングボトムキャップがワッシャ〜

DSC_1187


・・・・・。

ワッシャー!!!!

91e0f760



ワッシャーは流石にNGなので旋盤加工でシートを4個製作

DSC_1186







セット量を均一にして組み付け

DSC_1188




完成でありますぅ

DSC_1191



⇩⇩⇩⇩クリックで動画見れます⇩⇩⇩⇩




トラはよかったとぅ〜〜〜〜〜〜〜〜
11img_0




7bef2f5c