JITTER BUG CYCLE

釣り・バイク・スケボーこれが自分のライフスタイル!人生を楽しむということが常   往年のバイク、ラビット修復からミニバイク・シングル・ツインとさまざまにこなします 山形県寒河江市から配信中★営業時間10:00〜20:00 TEL0237-85-1339        ホームページ はこちらから >>> http://www.jitterbugcycle.com

HONDA あんどんカブ&スーパーカブ

6V カブ90エンジン シリンダーヘッド編 




本日も鼻水垂れる干し柿もコンパクト
チンポジ良好になる寒空の中

寒河江カレー館のカツカレー大辛であったまり

時間かけてカブエンジンに集中

エンジンいじったらこれはなじぇしてでも変えてほしいパーツ

OILポンプ

DSC_0031



予算ないがらしぇ〜は〜  なんて言っていると後から大変
この部品値段以上に泣くことになります





エンジンをパワーUPするということは発熱量が上がります
それを冷却するのはキャブから吸ったガソリン
エンジンフィンからの放熱
内部で循環しているオイル



上記が冷却の働きをしている内容です


その中でもオイル循環は空冷エンジンであれば水冷エンジンのクーラント的存在に値いたしまして

大変重要な部品

カブでボアアップ後エンジンブローしている人は
ピストン系組み付け不良かオイルライン系不良かと思います


今回はシフトアップの強化オイルポンプに交換
オイルシャフトドライブを回しながら組み付けていきます


そして昨日軽量化したドリブンプレート装着

DSC_0033


ストレーナーも忘れずに・・・・





クラッチ組み付け(専用工具要)
ワッシャープレート向き注意

DSC_0034






クラッチセンターの6000ベアリングも新品に交換


DSC_0035






クランク・キックアーム・シフトシャフトシールを交換

DSC_0036




DSC_0047



DSC_0046




この際ドレン・テンショナー部のワッシャーも交換

DSC_0044



DSC_0045









クラッチ側は完成
カブ系エンジンは横にしないとおむすびプレートが中々はまりずらいので注意


DSC_0041







ピストンヘッドを毎度ながらに研摩

DSC_0049


ちょっと一工夫
何台もばらしていると色々なアイデアが生まれます
横型エンジンは毎度シリンダー下部が摩耗しているため
少しでもオイルがクッション代わりになるように
オイルホールを開け周りにオイルだまり加工





ピストンクリアランスCHECK

DSC_0050


0.04シクネスが刺さるかなーって具合
後に0.03が入ったので合格です

これが大切




シリンダーヘッド内部のバリ取り・オイル戻り側ホールの口元拡大

DSC_0052





まだまだチューン作業は続きます・・・・今日は寒くてションベンも出ね





バルブポリッシュ
加工前
DSC_0056





加工後
DSC_0057





バルブすり合わせ
カブはバルブが小さいのでたいへんです
こういう時はコンパウンド付けて

はじめタコ棒〜中フラッパー〜仕上げタコ棒
で仕上げます

そして
当たり良好〜

DSC_0058





永遠の添加剤ケミカル

スーパーZOIL

を添付して組み付けます

DSC_0059





クリックするとこの商品の特徴が載っております是非ごらんあれ
↓↓↓↓↓↓↓

スーパーZOIL

当店ではスーパーZOIL代理店なので2スト用から4ストまでさまざまあり! 
チェーンスプレー等在庫しております




そして・・・・・

来ました
ヘッド完成!!

DSC_0060






このロッカーアームの輝きたまらん!
蓋をしたら見えません。

DSC_0061



しかし寒い。。。。
早く帰って風呂でフグリをもみほぐさねどな〜



DSC_0062


次回につづく・・・・




6V カブ90エンジン シリンダーヘッド編 



本日は定休日 

YAMAHA TYで最上川へと


遊びに行ってきました


DSC_1563



この時期は性欲溜まった金玉はち切れんばかりのMr.サーモンが
日本海からやってまいります



珍味白子の燻製は旨いですが


おいし〜


という女子に

index


ドキッとするのは男の性。。。




タンクがガス欠なるくらい楽しんだので仕事に戻り

カブのポート研磨をしばし

インテーク

テロテロ

DSC_1567



エキゾースト


DSC_1569






スキッシュエリアの形状変更&研磨

DSC_1568





ロッカーアームも5g軽量&研磨

DSC_1571


40g→35gへ


グラインダー仕上げのままでもよいのですが

研磨目を鏡面にすることにより
応力が局所にかかるのを抑える役割があるのであります



今日はこんなところで、ではでは〜



7bef2f5c



6V カブ90エンジン ピストンピン編 


前回のカブ90続き


旋盤で製作したピンブッシュ打ち込みからオイルホール加工をし
内径調整で再びリーマ加工
13丱團鵑通常通りつかえますです、はい


DSC_1560






クラッチ側を分解

DSC_1551






強化クラッチ

ドリブンプレートの軽量化を致します


こちらが肉抜き前

689g

DSC_1552




加工後

617g

DSC_1553


72g軽量化です

72gというと、ルアーで使うとやんばいロッドがずっしりくるくらいのウェイト
これがなくなるってことは・・・・・想像にお任せ

次は


アナル拡張です

DSC_1554


今回は2mmのドリルでお手柔らかめ
アナルボールが入れば一人前でございます

がしかし、わたくしにはそんな性癖はございません

いたって質素、あて

DSC_1555






カムチェーンもこの際、強化
90カブなので84Lになります
テンションローラーも全く問題ありません


DSC_1556



DSC_1557




次回はこちらのアダルトなパーツを組み付けに入ります


DSC_1561



つづく

d13ac513

6V カブ90エンジン ピストンピン編 



本日はカブのお話

 6Vカブ90について(希少)

108ccにボアアップして行こうとしたのだが・・・・

この年式はピストンピンが15弌

DSC_1505


そんなサイズ無いよ・・・・なんておっしゃる方

あったのです

頭を悩ませる申し子


6V カブ90!!!!

6v90クランクでクランクストロークは49.5mm
ピストンピン15mm

15mm・・・・・

そんなボアアップKITはなく今までの蓄積データから以下の仕様にしようと

ヘッド72ビッグバルブヘッド12V用
シリンダー5241.4mm用(6mmの下駄をかませ)
ピストン6V88ccピストン
ピストンピン13


ここで行く手を阻む15mm⇒13个悗諒儡絞法を試行錯誤

DSC_1506



結果、変換ぶっちゅ(ブッシュ)を製作することにしたのでございます


今年はハーレー1色と言っても良いくらいテンヤワンヤ振り回されてブログもカブもくそもへったくれもありません


"(-""-)"


でもそれで加工面も鍛えられ、ブッシュ製作なんざ日常業務的な作業で

サクサク作って対応できるようになりました

DSC_1503



耐熱・耐衝撃性・摩耗性においても優れたアルミ青銅

DSC_1506


わたくしも、こんな優れた材料のような人になりたいと頑張っておるのですが・・・(''Д'')(さておき)
人間は多少柔らかい方がよいようです


13丱蝓璽泙濃転紊殴薀奪團鵐

DSC_1504


転がってるボルトとワッシャーで挟み込み締めあげます

男の大好きな圧入


寸法は+0.002〜0.005位の抵抗で入る感覚

これがたまらんのです

DSC_1508


うまくいきました

次回へ

7bef2f5c


チョッパーカブ リメイク完成



先日UPした

シーユービー

CUB

CUBが完成となりました!!


DSC_0208


DSC_0210



CUBの自作エンブレムがいい味だしております

DSC_0209



ハンドル・エンジン・シーシーバー・ブレーキ周辺・マフラーワンオフ等
気に入ってもらえて良かったです!!!!!


DSC_0213


リアビューがかっこいい====3

DSC_0218



ミニバイクに限らずハーレー等のシーシーバー類やステー単品も製作可能です、 近くの方は是非遊びに来てください

HONDA CUB チョッパー リメイク計画



CUB!

CUB!




あの新聞配達の主役のバイクが

DSC_0509






カスタムをするとこ〜なります


DSC_0197


な、ながーーーーーーーーーい





足回りはJAZZ用ですメインは約12センチLONG仕様

何回も見ていると人間は不思議なものでこれがフツーに感じてきてしまいますぅ〜
これはパイセンのカブでして以前自分でカスタムしたのをリメイクという形の依頼です

コレを機にエンジンもパワーUP!させてヵらの〜




まずはハンドル周りをスッキリ!

DSC_0203

形状をトップブリッジからポストを介さずに一体型のハンドル

ツイスト中間補強で製作・グラファイト塗料で仕上げました

ただのつや消しとは雰囲気が違います





んでもって、ワンオフマフラー製作に取り掛かります

ハウジング系を旋盤でつくります

DSC_1400



パイプに砂を叩き込め炙り手曲げに進行
42ミリパイプに合うようにテーパーコーンを製作し位置決め
溶接します

DSC_1403




10回くらい組んではフレームとメンテナンス性を考慮して仮止め




これにまたパイプを溶接していきます

DSC_0196


こな具合に・・・・

DSC_0195




さて組んでみます

DSC_1408



いいでないすかぁ〜



次はマフラーステーに取り掛かります
型紙でイメージを決めます

DSC_0204


鉄板を酸素で切り出し整形

安心してください!型紙下のクソ厚い鉄板を切るのではありません。。。

このへんてこな形にはちゃんとちゃんとの味の素があるんでしぅ

では付けて見ましょう!!!!


DSC_0198


DSC_0205




バッテリーカバーをうまくかわして且つ、中心に吹き抜けを追加する事で立体感あるステーになります


カブに42パイのエキパイ????

ぶっといんじゃね?


そんな非常識に挑戦してみたら

以外と似合うじゃないの


DSC_0199



DSC_0200



DSC_0206



DSC_0201


このマフラーは更に手を加えます
続きは次回!!!!!


DSC_0202



あんどんカブ PE24キャブ装着編

以前88ccにボアアップしました あんどん初号機


DSC_0688





縦キャブ時セッティング合わせても口径が小さいが為にリミッターをつけられているような・・・感覚。

最終的にはPE24に行き着くと思うので最初からPE24をつけてみました



DSC_0689









Oh BIG BOY



デ・カ・イ






DSC_0691





大は小を兼ねる

ほんてだべね〜?

DSC_0690






$変更内容$

スプロケ 
F15 R41(減速比2.733) → F15 R33(減速比2.200) に変更 


キャブ デイトナPE24 TYPE3 パワーフィルター装着
メーカー出荷時:MJ#115 SJ#65 カッタウェイ#3

から変更しまして

MJ#112
SJ#45
ニードル1段濃い目に

マニホールド
某オークションでイモネジ360度回転できるやつ

こいつがクセ物だったのはのちほど・・・・・・・・。




メーカー出荷時で走行

ん〜下からのドン突き&頭打ちで上まで回らん。。そしてカブリ OUT





MJ#108に交換後

すんげ〜回るんだが上が非力感。。。





MJ#112に交換後


これが一番理想の吹け上がり!!!!
80は普通に出るようになりましたねえぇ〜

減速比2.7の時は1速がゴミでした。。。減速比2.2にすると1速で30  2速で60  3速で 80振り切り


DSC_0705





慣らしの散歩中・・・・・・・




DSC_0710



DSC_0711



DSC_0712



カブたのすい〜〜〜〜


DSC_0707


が、しかし



走ってる最中のいきなしエンジンストール
ガスが薄い兆候の止まり方


バルブ逝ったったか?
なんか、やらかしたが?



チョークを信号待ちで引いては戻しの繰り返しでマイガレージへと生還




開けてみたら。びっくり



中華マニホールドラバーが



こんにゃく煮物ですwww


o0400030012321096181



ほんとにこんなんでした




耐ガソリンでないラバーがインテークに吸われてました

そりゃー吹けねず!
どだなだず!





マニホをイモネジ固定なんざどう考えても・・・

ラバーが割れ始め

二次エア吸い始め

不安要素山積みです。




360度回転が売りのこのマニホールド

溶接してやりました


DSC_0746






ポート鏡面もついでに




DSC_0745





結果

下から回してもひょえ〜
2速でも60走行余裕
カブリもなく好調です!!

ポート鏡面後は明らかに中高速の伸びがスムーズになりました


今後もあんどんカブ さらに改良を加えていく所存でございます


あんどんカブ88CC 完成

 以前の続き あんどんカブ

まずはメンテナンス向上

エンジンスタンド作りから!


DSC_0415



そしてこちらのパーツを組み込みます

タケガワ強化クラッチ
6V用シフトアップ製88CCボアアップ
シフトアップ製強化オイルポンプ
Fスプロケ15T
デイトナ強化チェーン

DSC_0419



中華製ヘッド
内部ALLバリ取り
バルブすり合わせ

DSC_0427




ロッカー軽量化

DSC_0385
DSC_0384




ガツガツ組んでいきます


DSC_0422




DSC_0426




キャブは縦キャブのまんまでマニホールド段差をなくし完成です!!
いや〜春が待ちどおしい









Do it your Self !
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

JITTERBUG CYCLE オリジナルステッカー 全国送料82円!
1df32bdbb90da0235e4e
ギャラリー
  • 6V カブ90エンジン シリンダーヘッド編 
  • 6V カブ90エンジン シリンダーヘッド編 
  • 6V カブ90エンジン シリンダーヘッド編 
  • 6V カブ90エンジン シリンダーヘッド編 
  • 6V カブ90エンジン シリンダーヘッド編 
  • 6V カブ90エンジン シリンダーヘッド編 
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ