JITTER BUG CYCLE

釣り・バイク・スケボーこれが自分のライフスタイル!人生を楽しむということが常   往年のバイク、ラビット修復からミニバイク・シングル・ツインとさまざまにこなします 山形県寒河江市から配信中★営業時間10:00〜20:00 TEL0237-85-1339        ホームページ はこちらから >>> http://www.jitterbugcycle.com

2017年11月

6V カブ90エンジン エンジン組み完成編 



節々が痛い・・・・風邪のひきはじめの模様

毎日寒くてションベンしか出ない当ブログ

真面目にカブをくみ上げておりました


DSC_1581


ジェネレーター側を見ていると・・・・

ウッドラフキーが・・・・

曲がっとる


DSC_1602




比較


DSC_1601




どんだけ緩んだまま回ったか、入れる時うちこんだのだろうか・・・交換しときました



DSC_1603



トルクレンチで各部ナットを締めます

バカチカラは絶対ダメ
じゃりじゃりネジもダメ

綺麗にしてから締めます

DSC_1605


キックアームはCT50用?????


このエンジンは1968年CT50の車体にのっかるので在ります

CT50といえばエンジンにH〜Lギアを変更できる副変速がついている代物

その車体に現代の部品を組み込み乗せ換えるのであります

毎日ションベンしか出ね。あて言ってるわたくしには高嶺の花


黄色だからションベン色だ〜何ていうとビール瓶で殴られます注意



出力UPに伴いスプロケ変更は重要です

そうしないと爺さんが軽トラ1速でALL走っているような光景になります

誰かセカンドギアがあるってことを教えてあげてください・・・・


二次減速比=F16・R35=R÷F=2.1875

各ギアワイドレンジで使えますが88CCは1速発進もたつきます
今回のエンジンは49.5ストロークに52丱團好肇鵝.悒奪匹72CC用


考えただけで・・・・スコチーン


下から圧縮比のおかげで
ビンビン快速仕様です

DSC_1604



車体にエンジンを載せ
DSC_1606


やっとこさここまで来ました

プラグを付けて空キック・・・・

これです!この圧縮感!まっておりました!!!!


images





ハイカムも入っとるので楽しみ


DSC_1608




キャブはPE24

DSC_1607




次回始動にはいります〜


7bef2f5c





クランク芯出し台 製作




使いやすい簡単な芯だし台が欲しいと・・・在庫たまった材料をつかい

フライス加工からスタート
ベース裏板にはナットが空転しないように当て棒を溶接
DSC_0073





Vブロック部はある程度部材どうし溶接してからフライス加工に入ります

10佝弔箸呂い溶接熱で歪みでるので

背筋がシャンとしたのを作るには冷めてから底面側面をびしっと90度で仕上げます




DSC_0075





ガレージにある色んなクランクを乗せてみて

クルクル・・・


DSC_0072


ちょうどイイサイズだ 


意味もなく回し続けるのでありました・・・・


7bef2f5c


SUZUKI RMX250 クラッチ修理




ばかっ速いモトクロッサー2ストRMX
常にリアが滑り出しゆっくり走るなんぞや出来ないのがこのバイクの特徴

予想以上の遥か上の加速

キャブレターは最近生産終了となったKEIHIN PJキャブ


DSC_0070


レスポンス性能に関しては一番ピーキーなキャブレタでございます

アイドルアジャスターはスロットル開度で調整するのではなく
チョークバルブを開閉し混合気濃度で調整するタイプ
そして
分離ではなく混合仕様になったRMX

痺れます

DSC_0065




今回はクラッチに不良があるようで
1速に入れるとクラッチが張り付き取れないとの症状

早速カバーOPEN
DSC_0063


DSC_0068


ハウジングに段差ありました
ひどい段差です

フリクションプレートのツバ端面も角取れてまるくなっております


これが面で当たらず点あたりすることにより
溝はさらにえぐれ回転方向に駆動力が掛かった状態だと
フリクションプレートがニッチもサッチも行かない具合




DSC_0066



急発進を頻繁にするモトクロスのエンジンの過酷さがうかがえます


部品は再生可能であればお願いしたいとの事

よしっ!というわけで


アルゴン溶接でハウジング全周肉盛り
手ヤスリで仕上げていきます
DSC_0069





組み付け後

クラッチは問題なく切れるようになりました!!
よかったですねぇ〜

こんなモンスターマシンは一般の方にはお勧めできません
そんなマシンでした 


6V カブ90エンジン シリンダーヘッド編 




本日も鼻水垂れる干し柿もコンパクト
チンポジ良好になる寒空の中

寒河江カレー館のカツカレー大辛であったまり

時間かけてカブエンジンに集中

エンジンいじったらこれはなじぇしてでも変えてほしいパーツ

OILポンプ

DSC_0031



予算ないがらしぇ〜は〜  なんて言っていると後から大変
この部品値段以上に泣くことになります





エンジンをパワーUPするということは発熱量が上がります
それを冷却するのはキャブから吸ったガソリン
エンジンフィンからの放熱
内部で循環しているオイル



上記が冷却の働きをしている内容です


その中でもオイル循環は空冷エンジンであれば水冷エンジンのクーラント的存在に値いたしまして

大変重要な部品

カブでボアアップ後エンジンブローしている人は
ピストン系組み付け不良かオイルライン系不良かと思います


今回はシフトアップの強化オイルポンプに交換
オイルシャフトドライブを回しながら組み付けていきます


そして昨日軽量化したドリブンプレート装着

DSC_0033


ストレーナーも忘れずに・・・・





クラッチ組み付け(専用工具要)
ワッシャープレート向き注意

DSC_0034






クラッチセンターの6000ベアリングも新品に交換


DSC_0035






クランク・キックアーム・シフトシャフトシールを交換

DSC_0036




DSC_0047



DSC_0046




この際ドレン・テンショナー部のワッシャーも交換

DSC_0044



DSC_0045









クラッチ側は完成
カブ系エンジンは横にしないとおむすびプレートが中々はまりずらいので注意


DSC_0041







ピストンヘッドを毎度ながらに研摩

DSC_0049


ちょっと一工夫
何台もばらしていると色々なアイデアが生まれます
横型エンジンは毎度シリンダー下部が摩耗しているため
少しでもオイルがクッション代わりになるように
オイルホールを開け周りにオイルだまり加工





ピストンクリアランスCHECK

DSC_0050


0.04シクネスが刺さるかなーって具合
後に0.03が入ったので合格です

これが大切




シリンダーヘッド内部のバリ取り・オイル戻り側ホールの口元拡大

DSC_0052





まだまだチューン作業は続きます・・・・今日は寒くてションベンも出ね





バルブポリッシュ
加工前
DSC_0056





加工後
DSC_0057





バルブすり合わせ
カブはバルブが小さいのでたいへんです
こういう時はコンパウンド付けて

はじめタコ棒〜中フラッパー〜仕上げタコ棒
で仕上げます

そして
当たり良好〜

DSC_0058





永遠の添加剤ケミカル

スーパーZOIL

を添付して組み付けます

DSC_0059





クリックするとこの商品の特徴が載っております是非ごらんあれ
↓↓↓↓↓↓↓

スーパーZOIL

当店ではスーパーZOIL代理店なので2スト用から4ストまでさまざまあり! 
チェーンスプレー等在庫しております




そして・・・・・

来ました
ヘッド完成!!

DSC_0060






このロッカーアームの輝きたまらん!
蓋をしたら見えません。

DSC_0061



しかし寒い。。。。
早く帰って風呂でフグリをもみほぐさねどな〜



DSC_0062


次回につづく・・・・




6V カブ90エンジン シリンダーヘッド編 



本日は定休日 

YAMAHA TYで最上川へと


遊びに行ってきました


DSC_1563



この時期は性欲溜まった金玉はち切れんばかりのMr.サーモンが
日本海からやってまいります



珍味白子の燻製は旨いですが


おいし〜


という女子に

index


ドキッとするのは男の性。。。




タンクがガス欠なるくらい楽しんだので仕事に戻り

カブのポート研磨をしばし

インテーク

テロテロ

DSC_1567



エキゾースト


DSC_1569






スキッシュエリアの形状変更&研磨

DSC_1568





ロッカーアームも5g軽量&研磨

DSC_1571


40g→35gへ


グラインダー仕上げのままでもよいのですが

研磨目を鏡面にすることにより
応力が局所にかかるのを抑える役割があるのであります



今日はこんなところで、ではでは〜



7bef2f5c



6V カブ90エンジン ピストンピン編 


前回のカブ90続き


旋盤で製作したピンブッシュ打ち込みからオイルホール加工をし
内径調整で再びリーマ加工
13丱團鵑通常通りつかえますです、はい


DSC_1560






クラッチ側を分解

DSC_1551






強化クラッチ

ドリブンプレートの軽量化を致します


こちらが肉抜き前

689g

DSC_1552




加工後

617g

DSC_1553


72g軽量化です

72gというと、ルアーで使うとやんばいロッドがずっしりくるくらいのウェイト
これがなくなるってことは・・・・・想像にお任せ

次は


アナル拡張です

DSC_1554


今回は2mmのドリルでお手柔らかめ
アナルボールが入れば一人前でございます

がしかし、わたくしにはそんな性癖はございません

いたって質素、あて

DSC_1555






カムチェーンもこの際、強化
90カブなので84Lになります
テンションローラーも全く問題ありません


DSC_1556



DSC_1557




次回はこちらのアダルトなパーツを組み付けに入ります


DSC_1561



つづく

d13ac513

ダットサン620



秋深し

DSC_0025




ダットサン620の初めての秋がやってまいりました

色々な思い出ができました

DSC_1487



DSC_1351



DSC_1307




春はマスターバックがいきなし壊れ・・・
夏は大峠でオーバーヒート・・・・
秋はボンネットロック忘れ飛んでいき・・・・・想像に任せます

もうすぐ冬

DSC_1375



2年かけてコツコツ直したのですが

DSC_1349


ヒターコアが詰まり冷風しか来ない始末
エンジン内の錆が隆起してウォーターポンプで砕かれ
ベストなサイズでコアに詰まるアレでございます

最初はサニトラ用のアルミ3層ラジエターだったんですが走っては詰まりで

DSC_1350




DSC_1347



今年3回目の掃除も兼ねヒーターコアを掃除しましたら錆のフタができとりました
ホースで流したら錆祭りでして綺麗にして地元葉山へとテスト走行に・・・・・


DSC_0018



秋は写真映えします

DSC_0021






DATSUN乗っててよかった

DSC_0022




ヒーターも効き抜群
これで冬もいけそうですな

DSC_0023





11img_0




ハーレーショベル修理&セミカスタム



近頃何かと胃が痛い。。逆流性食堂園(誤字)

脂っこいコレステロールの摂取しすぎでしょうか?

高カロリーばかりだとホンダ・ヤマハ・スズキ・カワサキ和食系が愛しくなりますが

今回の車両は外食系の高カロリーメニューのデミグラスソース駄々洩れのハーレーでございます

手が回らなく胸やけ気味のわたくしには少しばかりヘビーであります


オイルポンプ・ライン系修理
ハンドルワンオフ
タンク交換
MIDステップマウント製作



オイルポンプ付近からの漏れですが
タンクがスッカラ缶になるほどの漏れのようで
ポンプカバー外したらサークリップ破断しており
シャフトも段付きあり修正



チェックボールバルブ系すべて交換

DSC_1417



ポンプ外す前やたら空キックの動作だけでブリーザーゲロゲロソースが吐出
オイルタンクのオイルがクランクケース側にすべて落ちていたようで


出るわ出るは


綺麗にソースを抜き

組み付け・エア抜き〜組み付け

DSC_1416


オイルポンプ系は
ひとまずクリア

合格


それからそれから・・・・


ハンドルワンオフ



それからそれから・・・・



タンク交換


それからそれから・・・・



MIDステップ製作


DSC_0009




DSC_0010



だいぶ最初から比べると変わりました!!!


BlogPaint






オーナーのSさん、ご依頼有難うございました!!!


DSC_0013






胸やけが収まるまで高カロリーはまだまだ続くのです・・・・・・・




416ce6dd



Do it your Self !
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

JITTERBUG CYCLE オリジナルステッカー 全国送料82円!
1df32bdbb90da0235e4e
ギャラリー
  • 6V カブ90エンジン エンジン組み完成編 
  • 6V カブ90エンジン エンジン組み完成編 
  • 6V カブ90エンジン エンジン組み完成編 
  • 6V カブ90エンジン エンジン組み完成編 
  • 6V カブ90エンジン エンジン組み完成編 
  • 6V カブ90エンジン エンジン組み完成編 
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ