JITTER BUG CYCLE

釣り・バイク・スケボーこれが自分のライフスタイル!人生を楽しむということが常   往年のバイク、ラビット修復からミニバイク・シングル・ツインとさまざまにこなします 山形県寒河江市から配信中★営業時間10:00〜20:00 TEL0237-85-1339        ホームページ はこちらから >>> http://www.jitterbugcycle.com

あんどんカブ PE24キャブ装着編

以前88ccにボアアップしました あんどん初号機


DSC_0688





縦キャブ時セッティング合わせても口径が小さいが為にリミッターをつけられているような・・・感覚。

最終的にはPE24に行き着くと思うので最初からPE24をつけてみました



DSC_0689









Oh BIG BOY



デ・カ・イ






DSC_0691





大は小を兼ねる

ほんてだべね〜?

DSC_0690






$変更内容$

スプロケ 
F15 R41(減速比2.733) → F15 R33(減速比2.200) に変更 


キャブ デイトナPE24 TYPE3 パワーフィルター装着
メーカー出荷時:MJ#115 SJ#65 カッタウェイ#3

から変更しまして

MJ#112
SJ#45
ニードル1段濃い目に

マニホールド
某オークションでイモネジ360度回転できるやつ

こいつがクセ物だったのはのちほど・・・・・・・・。




メーカー出荷時で走行

ん〜下からのドン突き&頭打ちで上まで回らん。。そしてカブリ OUT





MJ#108に交換後

すんげ〜回るんだが上が非力感。。。





MJ#112に交換後


これが一番理想の吹け上がり!!!!
80は普通に出るようになりましたねえぇ〜

減速比2.7の時は1速がゴミでした。。。減速比2.2にすると1速で30  2速で60  3速で 80振り切り


DSC_0705





慣らしの散歩中・・・・・・・




DSC_0710



DSC_0711



DSC_0712



カブたのすい〜〜〜〜


DSC_0707


が、しかし



走ってる最中のいきなしエンジンストール
ガスが薄い兆候の止まり方


バルブ逝ったったか?
なんか、やらかしたが?



チョークを信号待ちで引いては戻しの繰り返しでマイガレージへと生還




開けてみたら。びっくり



中華マニホールドラバーが



こんにゃく煮物ですwww


o0400030012321096181



ほんとにこんなんでした




耐ガソリンでないラバーがインテークに吸われてました

そりゃー吹けねず!
どだなだず!





マニホをイモネジ固定なんざどう考えても・・・

ラバーが割れ始め

二次エア吸い始め

不安要素山積みです。




360度回転が売りのこのマニホールド

溶接してやりました


DSC_0746






ポート鏡面もついでに




DSC_0745





結果

下から回してもひょえ〜
2速でも60走行余裕
カブリもなく好調です!!

ポート鏡面後は明らかに中高速の伸びがスムーズになりました


今後もあんどんカブ さらに改良を加えていく所存でございます


いい時間



同級生のノブちんが遊びに来ました

DSC_0671




大きいバイクに乗りたいと言ってましたが


1428726083072







乗り散らかして帰って行きました




1428726097524





カブが似合う男です




1428726090292





最近スケートにはまっているようです




1428726048151




カブにスケート積んで行くのもいいんねが?




カブが欲しくなったようですwww



DSC_0591[1]

シャア専用 キャノピーカスタム

春、希望あふれる春、みなさんの暖かい心に見守られて






シャアは飛び立ちます!




DSC_0661[1]



あれ、角が無い画像ですね

ザクのシンボルである角

こさえました、 いや。

こしゃえました!(つくりました)


板金切り出しからの絞りで昔ながらのやり方です



DSC_0664[1]


こいつをキャンデーに染めれば完成ですが お楽しみの完成画像は最後で。。。。



ここからは作業を追っていきたいとおもいます

エンジンは圧縮がスカスカで抜けた状態でしたのでモトリペアで売っている大マロッシをチョイス

DSC_0550[1]



大体の2ストエンジンはピストン排気側が高熱にさらされ油膜切れでかじり気味になります
強化オイルポンプもおすすめですがアクセル開度が低い時の下り坂はリスクがあるように感じます

そこでピストン交換された方には混合ガソリンが一番安心です

オイルポンプ&混合ガソリン で走行することによりアクセル低開度時は混合ガソリンがサポートしてくれ
全開時はオイルポンプもサポートしてくれます

2ストの大敵は燃焼温度上昇&油膜切れです 気をつけましょう 慣らししてけろっす




マフラーも全体がサビに覆われ、サイレンサーリベットもボロボロでした
リメイクでキレイに


DSC_0552[1]


今回のキャノピーはプーリーはノーマル
トルクカムはクレア用
センスプ ノーマル
クラッチはケリー軽量クラッチ
WR7gですがクラッチ当たり出てからだと8gか8.5gがよさげでした


ケリーのクラッチ。一体どのくらい軽いのか・・・


ノーマル

DSC_0556[1]






軽量クラッチ

DSC_0557[1]



200G


こいつは効果あるんねがい






んだがよ!





機動部位だけでなく内装装備も変更です

オートゲージタコと純正メータパネルの交換

DSC_0623[1]


これ予想以上に大変です・・・簡単そうな奴が一番厄介なのです 心折れそうになりました

DSC_0624[1]


綺麗だべだべだべだべ〜


メーター配線・ステーも取り付け



DSC_0635[1]


DSC_0637[1]



電装品はこれだけではありません・・・・


オーナーからはザク仕様というので・・・・。


ざk




エアロを中ぐりし


DSC_0619[1]



モノアイランプをこしぇで!

このモノアイランプは残光ユニットを使用し光り方が本物です

DSC_0641[1]


DSC_0644[1]






リアハッチにREDのLEDつけで、エーモンスイッチは3個リコール品でだべ


DSC_0646[1]



ほして腹減ったがら〜てゆて  五目おにぎりくってだべ〜

どうせここまで来たんだがら〜ゆって

ダクトつけらんねんねがい!ってだべ〜


DSC_0652[1]



ほして、ホース付けで


DSC_0663[1]




まなぐめねがらルームランプ付けでだべ〜


DSC00623



DSC00626



犬のしょんべんたれさも行く暇なくてだべ。。。


くたびれて

yjimage


失神wwwwしそう

2週間睡眠を削りこの

シャア専用のことだけを

シャア専用のことだけを

シャア専用のことだけを



粛々と!!




進めていた次第でございます!




では



完成披露





DSC00620





DSC00621





DSC00627






DSC00631




ほでがは!!!




寒河江にあるラーメン味来道の方がオーナーです!

嬉しそうですね〜

最近安食さんの中華そば どハマリしてます
寒河江にきたら寄ってらっしゃい!

DSC00632






今回も、とにかぐ細かぐチックし打ち合わせし完成に至りました!

想像を形に

どんなもんでも造ります!

人間に不可能はない!






7bef2f5c


Build of Twin XS650 DRAG MACHINE 



故にチョッパーとは何だ

朝から晩まで水道ホースでイメージを浮かべ

フルで脳みそを使い苦しい1ヶ月

それがやっと報われました


DSC_0488[1]



前回はエンジンマウントまで

今回はフロントから腹下までのフレーム作成
ケガキをし測定曲げラインの角にパイプ端材を固定

あとは酸素で炙ります

DSC_0501[1]






んでこんな風に・・・





DSC_0506[1]





ここから立ちあげラインを手曲げで90°細かぐ細かぐチックしながら曲げていきます




DSC_0507[1]




左右均等に曲げるのがヤバイ大変です ここからは目寸法全て原寸合わせで曲げていきます


Dangerous!!



なんとかできました角度もイメージと重なり


脳汁

DSC_0528[1]



全開



DSC_0530[1]




ネック部の擦り合せから溶接し治具から外して確認 


Awesome!!!



この瞬間鳥肌がたちました
すごくタバコが旨かった〜
造った人にしかわからん感動です


DSC_0535[1]



ナローなダブルクレードル


DSC_0536[1]



またがればXSエンジンしか見えない
エンジンとリンク出来そうなマシン
ワクワクして眠れなくなりそうです


DSC_0537[1]






DSC_0539[1]




OUR LIFE

あと

99%の努力


あんどんカブ88CC 完成

 以前の続き あんどんカブ

まずはメンテナンス向上

エンジンスタンド作りから!


DSC_0415



そしてこちらのパーツを組み込みます

タケガワ強化クラッチ
6V用シフトアップ製88CCボアアップ
シフトアップ製強化オイルポンプ
Fスプロケ15T
デイトナ強化チェーン

DSC_0419



中華製ヘッド
内部ALLバリ取り
バルブすり合わせ

DSC_0427




ロッカー軽量化

DSC_0385
DSC_0384




ガツガツ組んでいきます


DSC_0422




DSC_0426




キャブは縦キャブのまんまでマニホールド段差をなくし完成です!!
いや〜春が待ちどおしい









Build of Twin XS650 DRAG MACHINE 

  前回は大まかなフレームバランスを見て色々考えてましたが
考えてばかりでは進まないのでやりながら考える・・・

ドラッグレースは400Mが命なわけでいらない物を極力無くすことを
まずはGASはそんなんいらん

タンクINフレームを作製

DSC_0451



こんな時にはフライス盤が欲しくなります
静岡フライスのラム型をいつしか手に入れてやる!!

画像のスラッシュカット部はプラズマである程度飛ばし
そこからは全てグラインター&ヤスリでシコってます
高校のブンチン作りを思い出します・・・

DSC_0452



1/4コックバングスとメインパイプ内に裏板を溶接
漏れチェックも細かぐ見て

フタを致します


DSC_0453



次はエンジンマウント部ステー作成
型紙作り・・・


DSC_0465






2枚合わせ6ミリ鉄板をTIGで仮付け〜けがき〜穴あけ〜穴をBOLTで固定



Ahaaaaaah〜


DSC_0464



機械がほしい

DSC_0466




機械がほしい


DSC_0469




機械がほしい


DSC_0470



機械がほしい



DSC_0486



プラズマである程度飛ばし
そこからは全てグラインター&ヤスリでシコってます
高校のブンチン作りを思い出します・・・

このフレーズは今後も使わせていただきます・・・




あと



99%の努力!!!!





とココでいつもは終わりますが
会津のCHOPPER乗りからプレゼントをいただきました!!


DSC_0475



DSC_0480


このロンTは福島会津にある秘密のスポットで購入できます
ロンTの他にTシャツもあるそうなので

欲しい方は下記までご連絡を

HEATJUICE  TEL 0242-27-8530 会津若松市城東町14−26


XS650のCHOPPERを見て以来FANになった
こちらも会津〜

ROD STAR バッジありがとう!

DSC_0484




YOSSYありがとっとととととと〜 フェ〜い!!




OUR LIFE



Build of Twin XS650 DRAG MACHINE

以前ハーレーのDRAGGAMEをみてからハートに火がつき
ガレージレーサーマシンを作製を決意しました
ゴリゴリのDRAGマシーンではなく
なんとなく遊びでレースを楽しめる事をイメージしながらひたすら小屋にこもって
手持ちのパーツを上手く使い、なるべく費用は抑えて・・・

細〜かぐ 細かぐ

やっております

ガレージにぶながてるスプリンガーをのせ


1% 閃の刻


いける

DSC_0400


ここからは


99%の努力


の初まり・・・・


まずはトータルでのイメージが不可欠
あちゃらこちゃらでは納得いきませぬ


DSC_0398




DSC_0400



毎日この状態で何日もフレームラインイメージが求めているものとマッチングせず
仁王立ちすること1週間

朝がだゆっくり寝でグダグダ

シングルクレードル・・・・ダブル・・・・。。。。。。。


自分のやりたいようにやる!



なのでロナウ〜なダブクレにきめた!



DSC_0410



パイプはSTKM13A 11Aとはまるで別モンくらいに硬いDEATH!

水平ラインに対してメインフレーム起き上り角度10度
キャスター角 50度

DSC_0418




走ってみないとなんともですが、ストレート専用のXS650なわけでいいでしょう!


ネックダウンフレームは砂曲げしてからCUT
打ち込む方のパイプに穴を開けて
インロウを打ち込みまして
TIGで点付け


DSC_0433



そしてまた塩梅を

細かぐ 細かぐ チック!



DSC_0439


F3.25-21  R4.00-18

想像が形になってきておりますこの調子で頑張って春まで福島スカイパーク目指します!


完成まで




あと99%の努力




Weekend work UNDON



kyou-giziren



前回更新から音信不通の当ブログ





先週高畠クラシックカーミーティングに小排気量バイク仲間で足を運んできました

制作した

コマンダージャイロX
DSC_0083[1]

DSC_0296[1]



豚足好きのオーナーが乗る豚テールが憎い 豚々号
DSC_0333[1]





七ヶ宿峠を行ったわけですが大排気量バイクとは違う楽しさ
50CCの面白さを感じストックしている行灯カブに火を入れる時がやってきました


これ見ると腹が減るのはじぶんだけでしょか?

DSC_0364[1]


不思議な形、胃袋?

さておき


普通にカブぐらいすぐにかかるだろう
簡単だろう・・・・

それは以前のっている人の姿をみてればの話。


今回は売り物にしようか乗ろうか考えぬまま現状のままに手に入れた

アンドンカブ C50


DSC_0069[1]



それでは参りましょ


現状の状態は
バッテリー新品でキースイッチひねってもONならない
火花が飛ばない
アクセル重たい
キャブ怪しい
寝起きが悪い
ヒゲが濃い

キャブ清掃は手馴れまして全く問題なく終わり

一番厄介なのが配線
私の頭の状態のようです

DSC_0361[1]


配線は何一つ余らずつながっておりきれいにみえましたが・・・
キーがONで光らない自体がおかしい
断線も考慮し
細かぐ細かぐチック

結論としてキーシリンダマイナス配線が間違ってついっだ!!社長〜たのむず!!

しかしまだ火花は飛びません
次はお決まりのポイントチック!!

DSC_0363[1]








社長〜たのむず!!





全然カチカチいってません
プーリーで外し
紙やすりでゆっくどスコスコして

ポイントギャップは0.3〜0.4
コンデンサーも振り切れ0.00に戻る


OK



それでは参りましょう


チック・・・・・いや


KICK



バズバズ


復活大成功


DSC_0362[1]



ガスケットも注文したし来週はエンジンヘッドチューンが楽しみです


DSC_0360[1]



ラビットも健在なり


DSC_0353[1]


・・・。・・・・・・・。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


見える人には見えるこのライン・・・・・・・・・









7bef2f5c

ラビット S301 修理

ラビットが再びやってきました。

DSC_0108



朽ち果てたのと、青のが私の・・ ライトグリーンのが今回依頼のあったS301B(ES36B)になります。
シート以外はほとんど綺麗な状態で驚きます

Pロゴ風防も健在なり

DSC_0110



この車体は+アースとなっておりました、バッテリーサイズはYTX7L-BSが丁度収まります、今回のは12V1個づけ。


DSC_0121





ヒューズ、ボロンボロン交換しときました

プラグケーブルもなかったようで交換を・・・
さすが古物は作りが違うズラ。

DSC_0112



プラグコードに円錐状の部品をねじって、シメ&カシメができる
コード皮膜を突き刺して導通させるSッケの強いパーツです
メカ好きにはたまらんズラ
DSC_0113




シリンダーヘッドのネジ山がナメておりましていつもはここで作業中断ですが。。。

image





山辺朝一でGETしたヘッド&ガスケット(当時もの)に交換
S君 よかったねぇ〜

DSC_0115



シリンダー内も油膜切れてたんでちょいとOILを馴染ませます
米虫は入ってませんでした。。。


DSC_0114




シリンダーにも深いスジなしハッチつけるほどでもありやせん
DSC_0116



新しいヘッド

DSC_0117


ガスケット 新品 ¥1000
が気になります

組み付けまして圧縮測定を

8キロ弱あります問題なっしー


DSC_0120




キックスターターギヤ
分解前は普通に機能してますが怪しい・・・分解
やはりなくなっておりましたスポンジ
DSC_0125





適当にスポンジを組み込みまして

DSC_0127




快調な動き

DSC_0128


ここのスポンジは良くて1年位で朽ち果てます
キックが抜けるようになったら交換です

.あとはオーナーS君にリム&タンクを好みで塗らせます。

DSC_0130



タール落とし大変だろな〜


DSC_0131








7bef2f5c

ジャイロカスタムレポート Vol.8

 

yjimage



DSC_0004



この物語はジャイロをカスタムしたのはいいが・・・
ジョークで豚テールランプを装着し走行したらば
マジに豚レベルで遅くナッタ 実話である・・・。









BlogPaint




隊長!!!.
問題のターゲット見つけました!

DSC_0008


どうやら、WRを変えても加速がなく手を焼いているようです!
最初は9g
つぎは10.5g
そして5.5g
キャブだってDio用

全部試してもダメなようです!!!





BlogPaint










ダンナ〜
いつでもバッチこいっす!!
いま、ケツ拝んでるとこっス〜!!


DSC_0003

今日は焼き肉パーチィーすか?









アホンダラ!そいつはパーキングレバー行きの豚だ!!!

DSC_0007


その場に待機だマスタッシュ工兵を呼ぶ!!!


・・・。


数日経過・・・・・・






おい!あれを見ろ!!
マスタッシュ工兵が原因を突き止めたようだ!

DSC_0008


原因は・・・・
なんと!プラグキャップからの火花リークだそうだ!
マスタッシュ工兵が感電しながらも修理を勧めているぞ!

なに!?メーター1杯付近まで加速しているようだぞ!!!!





そうなんです。
豚を飛べなくしていたのは
この劣化したノーマルプラグキャップ

DSC_0001


なんの変哲もない外観ですが 
オールしらみ潰しチェックを行い感電した結果
よ〜やく見つけることができました

劣化は怖いですね〜
わざわざSMCソルじゃーズ出動させましたが・・意味なし
ほんと

豚でもない


Do it your Self !
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

JITTERBUG CYCLE オリジナルステッカー 全国送料82円!
1df32bdbb90da0235e4e
ギャラリー
  • 6V カブ90エンジン ピストンピン編 
  • 6V カブ90エンジン ピストンピン編 
  • 6V カブ90エンジン ピストンピン編 
  • 6V カブ90エンジン ピストンピン編 
  • 6V カブ90エンジン ピストンピン編 
  • 6V カブ90エンジン ピストンピン編 
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ