JITTER BUG CYCLE

釣り・バイク・スケボーこれが自分のライフスタイル!人生を楽しむということが常   往年のバイク、ラビット修復からミニバイク・シングル・ツインとさまざまにこなします 山形県寒河江市から配信中★営業時間10:00〜20:00 TEL0237-85-1339        ホームページ はこちらから >>> http://www.jitterbugcycle.com

HONDA SL250 FCR35キャブ修理


本日はHONDA SL250 ビンテージモトクロスの修理

DSC_0721




キャブはFCR35

DSC_0713


現状:アクセル開け始めストール気味

なのでスローだけ交換して

と行きたいところですが

フロートパッキンが痛んでいる

経年劣化からして

他のゴム部品もそろそろ寿命かな

加速ポンプ付近見ましたら

カチコチコッチン
加速ポンプのゴムが固いと
アクセル開け始めのオーガズム(潮吹き)が遅れて出るために
アクセルに着いてこない症状が現れます



DSC_0708


新品に交換します


DSC_0709


DSC_0707


だいたいキャブの部品はケチると

ロクな事しか起きません・・・・

キャブはMJ#135 SJ#62 で着地しました!



試走行・・・・・

d13ac513





フラットトルクで速い!!

以前と別もンだやっぱおもしれ〜な

HONDAぁ〜

11img_0




HONDA SL350 エンジンOH 



またまたHONDA  SL350 エンジン分解
本日は腰下


の前に



JOINTSイベント

DSC_0706


からの申し込みや




SPEED AND CUSTOM SHOWからの
申し込みが!

DSC_0705


小川さん  ありがとうございます


え〜・・・わたくし弱小 JTBG MCは


RODSHOWで遠征費使いすぎまして・・・・・


mig



いきーてぇ〜な〜

迷ったら


1index




行く!


こういうシンプルな考え方でやったほうが

仕事もうまく

いく!



ということで!
腰下にいきますね



DSC_0811


ボトムケース御開帳のまえに外し忘れたワンウェイクラッチですが

DSC_0812


ですが・・・





ですが・・・


おい!君。。。取り付けボルトぉ〜

なぜここもユルユルなんですか?

ねじ穴でボルトのサンバが


matukensanba_4






こっちですね本物は

index



ボルトが踊り

ねじ穴 

お釈迦
DSC_0813


こちらはTIG溶接で肉盛りしてからフライスで調理します

しかし、色々あるエンジンでおまん。


パカッと割り

DSC_0814


180度クランクが

出た。





ユニットをくまなく見まわし

DSC_0815



シフトフォーク摩耗

ギアのチェック

各部の摩耗チェック

この際だから交換しずらいオイルシールも交換することに

んで問題だったキックギアユニット

DSC_0816


このサイドのあるギアが摩耗してんのね
DSC_0817





この際

新品と比較
DSC_0822


組んで動作確認

DSC_0823



カムチェーンも外して伸びを新品と比べてチェック

DSC_0825




このカムチェーンですが
ホンダは1種類の
カムチェーン
219-94Lサイズで
色んな車種に対応できるんですね〜  
CB750・CB350・SL350
CL72・CL77・XL250
ホークなどなど



images



感動しました。

宗一郎さん。

感無量です。


DSC_0819



ボトムケース内側もクリーニングしまして
エンジン内部からは

前にエンジン開けた時に落としたであろう
オイルリングの破片やらが出てきまして

DSC_0818



最後の最後までOHは気が抜けないのでありまして・・・


これでやっとSL350の全バラは完了したのでした


DSC_0820





次回。組み立てをお送りします
7bef2f5c






HONDA SL350 エンジンOH 

エンジンの続き

シリンダーヘッドを外します

DSC_0798


YAMAHAと違いカムスプロケ・シャフト分離できるのでカムチェーンCUTしなくていい

やり易いです

ヘッドはオイル滲みあったのでサクッと外れ

シリンダーもサクッと




イキマセン。


液ガスがベースにバッチリ固着しているパターンみたい・・・・・

四方八方から時間掛けてやっとこさ外れ


DSC_0799



腰上考察

???

バルブステムシールがない。。。

これ昔のカモメカブでもインテークについてないの見た気が

そうですこやつは無いタイプなんですね〜ハーレーみたい

この時代(1970年より前)はシールが無い機種が多かったようです











マニアぞっこん・・・・


images


感動しました。

宗一郎さん。

感無量です。





カムチェーンライン穴のサイドに擦れがありまして
ガイドローラーをみましたら


チ〜ン。

DSC_0806


こちらは樹脂を旋盤で加工してブッシュ打ち込んで製作することに


DSC_0800


カーボンが溜まっております

DSC_0801


当たり面にも

DSC_0803




これをクリーニングしていきます



DSC_0805



ピストンもまだスカート部で0.06丱リアランス的に使えるので溝・リングの汚れをとり
この際なのでカーボン付着しづらくするためや色々効果のある

ピストンポリッシュ



ピストンは真円になってないのはわかりますが、

しかし昔のピストンはピストンヘッド側とスカート側

マイクロで計測したら現在のバイクよりも寸法結構振ってるんですねぇ

DSC_0809


シリンダーは軽くホーニングします!

こんな感じで

バルブもポリッシュして腰上はOK

クソ汚かったボトムケースも綺麗にして

DSC_0811


次は腰下分解に続く

7bef2f5c







HONDA SL350 エンジンOH 



師走の大病

ヨコハマロス感染から回復し


20150105_902524



1970年代のホンダSL350のエンジンをOHしていきます

19700117_DREAM_SL350



この当時のホンダツインには

TYPE-1 高速型エンジン 180度クランク 不等間隔爆発
TYPE-2 中低速型エンジン 360度クランク 等間隔爆発



ということは・・・・XS650の360クランクを180にすれば・・・・・


がありましてSL350はTYPE-1クランクが入っておりました

DSC_0789[1]



CB750K0といいCB500といい

CB系エンジンはカブと穴兄弟なんですね〜

流用可能部品がいくつかあります

DSC_0790



当初はキックギアが抜ける症状を改善でしたがエンジン降ろし時にオイル滲みがありまして
少しガバナ付近やヘッドの閉まり具合をみたら

DSC_0791


ユルユル。。。

タペット調整ロックナット 落ちてる。。。

2番側EX  ナットがないがらぁ〜 歯ぁ〜 GATA GATA...



カーボン湿っております

DSC_0792



まんず、分解

DSC_0794



SL350はタペット調整はカブやSRみたいに

タペットカバー開けたときに見える

ロッカーアームに付いている調整ねじは

無いんです


こ〜のホラ吹きやろ〜

ほだなあっかよ〜!



あるんです



このホンダ SL350のタペット調整はヘッド両サイドのカバーないに

4か所あります

DSC_0795


マイナスねじの所を左右に回すと偏芯機能のロッカーシャフトが!?
偏芯機能のロッカーシャフトが!?

タペット調整の機能を果たす!









機械マニアぞっこん。。。


images




感動しました。

宗一郎さん。

感無量です。

という感じで次に続きます


7bef2f5c




YOKOHAMA HOTRODSHOW2016!!!レポート



夢だったホットロッドショ〜15年越しで叶えました

当JITTERBUGCYCLEは今回郵政カブにてエントリー

DSC_0676


DSC_0677




まぁこんな感じで出来上がっていくわけですが・・・・


DSC_0354[1]



DSC_0568[1]




DSC_0624[1]




DSC_0648[1]




DSC_0654[1]




DSC_0768[1]



DSC_0769[1]


色んな細かい意味合いを込めたメッセージが他にも見えないところにあるんですよね〜

DSC_0765[1]




パラペコモータースのお隣でTAKAさんや忠雄ちゃんにも会えました!

DSC_0581


DSC_0681









同級生のひさっつあんとも

DSC_0682


荒川さんとも遭遇

DSC_0674


出して良かったですねぇ色んな刺激をもらえました

会津のペイントショップ「イザナイ」の秀喜君
先生の塗装     やばいべ!!!

DSC_0685



DSC_0660


DSC_0661



会津のJJこと兄貴 存在感ハンパネ〜す

DSC_0636




DSC_0672


金髪美女も男の夢です・・・・

DSC_0671




KIYOさんのCBのエンジン音やられました

DSC_0554


DSC_0652


DSC_0651


ドギモ抜かれました!!!!!!!



そんな感じでしたが来年も行きたいです
DSC_0511


スタートはここからだっ!!!!



SR400納車・ハーレー部品製作



てるBOY納車おめでとう!

オーシャンビートルSTRヘルメットもにあってますね

DSC_0382


自分がとても気に入っていたSRなだけに・・・さみしいです
懐はあったかくなりますが・・・さみしいです

大事に乗ってね!!!!!!


DSC_0392


CUBばっかりイジッテおりミニバイク専門店な感じですが・・・
ほんとのところ

SR400・XS650・ラビットS301に関しては特化して得意分野です!!!

何かありましたら足を運んでくださいませませ〜

DSC_0395


RIDE to WORK!!




残暑がつづきますね

やっぱり避暑は蔵王ですね

1472291382714


息子も喜びでシャクれております


そんな中車検やら修理やらで大忙しの毎日です
やたら緑が見たくなりましてCUBでひとっ走り!!


DSC_0356


イイ〜んだよ!グリーンだよ




さて仕事ですハーレーEVOのキャリアを作ってほしいとのことで
ステンレスにて製作いたしました、カスタムしてストラトが切ってあるので
うまく使い分けられるようにしました

DSC_0605


DSC_0607


プラBOXを乗せると・・・

DSC_0606


これなら大丈夫そうですね




次もハーレー。。。。

アクスルシャフト固着がひどく抜けません
安いグリースは使っちゃダメですよ!当店ではすべての車両にZOILグリスで組み付けしております油膜の持ちがちがいます!

index


ZOILは当店各種ラインナップを揃えております!騙されたと思って使ってみると本当に効果がわかります
チューンドしているCUBのエンジンが同じ気温で難なく上までまわるまわる!!!

DSC_0611


オイルシールを痛める成分は入っていないのでハーレーやXS650やCB750や色々使えますよ

あ、写真に写っているアマリーオイルも
固さは・・・

#50 
20W-50
10W-40


揃えております



話はもどりまして

アクスルシャフトのナットを切断し、みぎから〜うけながし〜切断  左から〜うけながし〜切断繰り返して
フレームからやっとこさ外れました

DSC_0608



DSC_0609



DSC_0366



グリースは縁の下の力持ち的存在・・・目立たないところで活躍していますので目には見えず忘れがちなので気を付けましょう



ヒートジュースTシャツも入荷しております

DSC_0600



なくなる前に手に入れたもん勝ちってことで




7bef2f5c


スーツでも似合うカスタムバイク CD50!


お暑 ござんす
ジッターバグサイクルの夏はまだそこにあるそんな今日

HONDA CD50 をビジネスマンも営業で乗れるように
できないかと悩みましてジェントルマンな趣をのこして製作であります

昨夜は深夜3:00まで追い込みましてクタクッタです

DSC_0301





BASEはCD50 12V

シートはDAX用を流用

テールはショベルのノーマルテールランプを流用

モンキー用インマニ

ワンオフナンバーステー

キャブはPE20

シート下にあるのはワンオフアルミタンク(3ℓ-IN)

サイクルフェンダー加工

ドリブンギア軽量化

その他もあります。。。割愛。。。




DSC_0309



きみも〜



DSC_0312




ミニバイクに〜



DSC_0319




のってみない!?


DSC_0320





クワァ!!!!


DSC_0322




まだまだ〜つづくllllllllllllllllllllllllllllっぅ



DSC_0321



6月のドタバタの巻





もう少しでカブトムシの季節




安全点検準備は良いか?

ヨシ!


あごひげは良いか?

ヨシ!


近場は良いか?

ヨシ!




本日も安全第一で参ります





ガレージには燕ちんも子作りに専念しとりまして

うんこ落下に目をつむっています当ガレージ

DSC_0272



いろんな加工で毎日日が暮れてまいります


シャドゥのマフラー製作

DSC_0342



スポーツスターカスタム依頼

DSC_0365



外装をいじっております
DSC_0374
DSC_0375

DSC_0376


塗装や細かいパーツ作り

DSC_0400
DSC_0402
DSC_0403



とうとう。動力電源を・・・・・完備させ

祐二くんありがとう!

DSC_0260


これでちゃんとした機械加工ができるぜよ

DSC_0386






おっちゃんユニック技能が半端ない件。。。

DSC_0386





静岡フライス

DSC_0385





池貝旋盤

DSC_0261



して、庄内からのお客様のシーシーバー製作

DSC_0413



にあってますぇ〜

BlogPaint


DSC_0416



ショベルのハウジング加工&ベアリングサポート製作
公差がやばい件

頑張ろう!町工場!

DSC_0435




会津若松ヒートジュースTシャツ!工場に似合います!バックプリントのジョークがわかる方だけお買い上げ下さい

DSC_0446


DSC_0452



カブスプリンガーの部材プレス製作

DSC_0451


ハードな6月は7月も続きます。。。。。。



中小企業〜!!!!

KDX250 修理

以前お客さんが持ち込みしてもらった車両のフォークから油漏れがするとのことでOH
です

DSC_0278[1]


DSC_0279[1]


油面管理が肝。

DSC_0281[1]


DSC_0283[1]


無事完了!リードバルブやインテーク系もついでにやっておきやした!!!!

ありがとうございます!

あ・・・・


ハーレーオイル買いすぎたのでだれか買いに来てくださいませ


バイク好きなお父さんの今晩のおかずレシピに
レブテックオイルでカラッと揚げた天ぷらはいかがでしょうか?(マネしないで下さい)

新鮮な野菜サラダにはレブテックプライマリーオイルをたっぷりかければ、
バイク大好きお父さんも唸る食材へ変貌します!(マネしないで下さい)

DSC_0292[1]
DSC_0293[1]




48"ハーレー パンヘッド 4速ミッションOH 


今日は大変蒸し暑く足が臭くなる季節ですね

よく洗いましょう



飛び込みでパン48年式のミッション修理が入りまして
ラチェットトップ式に変えるとともに悪い不具合を


DSC_0301







第三者の厳しい目で

ます



検証してくれとのことでした

たじ




不具合内容

・オイルがスタッド付近から漏れている
・キックギアが抜ける



以上のことを踏まえ


第三者の厳しい目で

検証です・・・・・



まずは分解していきます

スターター側
ギアが変摩耗しており外側に当たりが逃げています
スラッジもてんこ盛りに溜まっています
恐ろしやー

DSC_0302


みてください・・・・・・・・
DSC_0303



以前分解した形跡が読み取れます

DSC_0304






シフトフォークガイドを第三者が外します
マイナスのねじを取っ払います

DSC_0306




この穴からピン打ち抜きで抜きます

DSC_0307


こんな感じで

DSC_0308


で、外れます


DSC_0309





お次はこれを外し

DSC_0310



スターターギアもプーラーで抜きます

DSC_0313

DSC_0316






シャフトを外すときにこんなワッシャーが落ちますので注意

DSC_0314



ケース裏のドレンも接地面が荒れています
フライスが導入されたらこんなのフライカッターで面だしですが

今日は愛情こもった手仕上げ




このプレート類もとっぱらいます

DSC_0318




ケース全体をこの季節にストーブで温めてハウジングごと外します
よく温めるとすぐ外れます

DSC_0319




これがゼンバラ状態です

細かな汚れを洗い流し

DSC_0320



灯油を流し込み、時間をおき
スタッド付近からの滲みをコマかぐチェック!!


の間に・・・・・キック側分解を

DSC_0322






この穴に銅ブッシュがありますが片側が0.04シクネスが




DSC_0323







刺さる!!

NG!



DSC_0325


これが要はキックしたときに軸が逃げてるから変な当たりが
ついているのではないかと・・・・・

あくまでも
第三者の目で

ます



確認いたしました!!!


新品部品に交換し組組み

DSC_0326



ギアも新品に

DSC_0327




これの摩耗見てけろっす

DSC_0328


歯〜ガダガダです




先ほどの灯油を注いだケースは

一晩放置して

朝市の漏れ確認

ここだけの話ですが・・・・最近尿の切れが大変悪いです心配です・・・・




異常なし!!!

ということは、スタッドからの漏れ疑惑は却下!

といいうことで

ドライブシールかタコ付近から滲んでいる可能性が大という結論が出ました

そそくさ、ミッションの組み付けにはいります
順番は逆に追って組み立てていきます


*********組み付け**********


消耗品は交換して

DSC_0329


先ほどのワッシャーを組み付け

DSC_0330






ドライブ側のギア向き・サークリップを注意して組みます


DSC_0331




フォークやらシフトユニットを一度組み、動作確認してから再度液ガスも併用して組みます

DSC_0332

DSC_0333




キックギア側もスプリング新品・規定トルクにて仕上げます

DSC_0334




こちらも先ほど同様にしっかり脱脂して液ガス塗ってくみます

DSC_0335



最終組み付け
プッシュロッド系をくみ
規定トルクにて順番を守り締め付けます





完成


DSC_0336


あとはオーナーさんがニヤニヤするところを待つのみです
あせわさまでした〜





こちらのタイプのミッションOH費用に関しましては

ミッション単体持ち込み
シール系交換&OH



工賃38000円(税抜き)+α(必要部品代金)=OH費用になります


安いか高いかはさておき
こまいところまでしっかり確認いたします
ます




第三者の厳しい目で

よろしくお願いいたします




BlogPaint


Do it your Self !
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

JITTERBUG CYCLE オリジナルステッカー 全国送料82円!
1df32bdbb90da0235e4e
ギャラリー
  • 6V カブ90エンジン シリンダーヘッド編 
  • 6V カブ90エンジン シリンダーヘッド編 
  • 6V カブ90エンジン シリンダーヘッド編 
  • 6V カブ90エンジン シリンダーヘッド編 
  • 6V カブ90エンジン シリンダーヘッド編 
  • 6V カブ90エンジン シリンダーヘッド編 
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ