JITTER BUG CYCLE

釣り・バイク・スケボーこれが自分のライフスタイル!人生を楽しむということが常   往年のバイク、ラビット修復からミニバイク・シングル・ツインとさまざまにこなします 山形県寒河江市から配信中★営業時間10:00〜20:00 TEL0237-85-1339        ホームページ はこちらから >>> http://www.jitterbugcycle.com

CL175・CB175の考察


前回のCL175続き
リアスプロケダンパー部の交換でございます

部品番:41241-222-000

DSC_2233


こやつが大変曲者
ダンパーラバーはブッシュ形状にて圧入され抜くに抜けんのでございます

ラバーをスクレパーでほぐして内部のブッシュ厚みを確認

この手の薄さだとタップで引きぬくにもしんどい薄さ

プーリーが引っかかる隙間もない。。


そういう時使う手法は溶接しかない


ブッシュ内に急所溶接点付けし冷えるときに歪む性質を利用し

ワッシャーを縦に溶接してスライディングハンマーで抜く


これが抜けん



そうなったら荒行です


ブッシュを割ります
再度ブッシュに点付け溶接多めに肉盛り後

肉盛りした肩にタガネをあてがいコツコツと中心に叩いてブッシュを裂いていきます

その後ワッシャーを縦に溶接→スラハンでぶっこぬく!!!



大正解

壁面は綺麗なままで抜きました 焦らずじっくりがコツでございます


DSC_2234



ペペローションをつけ新しいダンパーブッシュをかち込みます

DSC_2235



綺麗にインサート出来ました

後30年はダンパー安泰であります


CL175・CB175の考察


2019年 明けましておめでとうございます。
今年も元旦から吸気系が蓄膿にかかりまして医者通いでございます
キャブクリーナーを鼻に入れ一吹きしてやりたいとこですが
今回は人体でありました
後は病気にかからないよう注意っです

今年1発目は 仕入れた HONDA CL175 です


DSC_2221


CB125と違いエンジン幅にボリュームがあります、しかも12Vが純正規格!
タイヤもK950をセレクト ツインの125でさえあの吸気サウンドなのが175だとどうか

吸気を掃除しエンジン始動

1本マフラーから奏でるCL音はCBとは少し違た
個人的にはCBのマフラー2本だしの方が唸る感じがして好きでした


しかしながら、古いバイクはなのかと不良個所がつきものでして
すぐ乗れるビンテージバイクには出逢ったことがありません


このCL175もその一人。。。。


エンジン始動するとクラッチから断続的な打ち音


何かが回転しながらカタカタイッテおる

OPENします

DSC_2223



サークリップはずれった・・・・・・・・・・・。
それだけではない


クラッチ組み込み向き違う・・・・・・・・・。
それだけではない

傷が物語る
DSC_2224



さらに何かある、



これこれ
一番奥のスチールプレートが真逆・・・・・・・

DSC_2225


それでいてクラッチワイヤー調整してあるから
規定に組み戻したらクラッチワイヤーが足りない・・・なんで?

調べましたらケース側クラッチアジャスタがMAXで引かれとる理由がわかった。。。。
間違った組み方したからその誤差をわからずアジャスタでめいっぱい調整したからだ

くわばら、くわばら


遠心オイルフィルターも分解しまして清掃
クラッチフリクションプレートはこの際、新品にしまして
品番22202-ML4-611

こちらのプレートCB125(1970)にも使えそうでした
GB250HともNV400ともおなじでした


DSC_2222


こういう情報の共有は非常に大事

ボヤキはいらん・・・・



ハーレーミッション修理



世は師走
なぜか年末
今年はWORKING 絵ヴぇりデーです
一番依頼が多い年でてんやわんや

今回ははるばる九州からお客さんのご依頼品 
パンヘッドミッションのメインエンドが折れたとの事

DSC_2167




メインのねじ部断裂しております!キックギアも総入れ替えです、交換作業に移ります

BlogPaint



トップカバーを開けます

DSC_2169





DSC_2170
(ギア状態)

半世紀も経過したミッションは常に負担のかかる1速〜2速ギアの摩耗が見受けられますが
綺麗でしたって事は以前交換した模様のミッション





シフターフィンガーローラーは摩耗と変形で固着

DSC_2170



シフターシャフトの曲がりは無し

DSC_2171





カウンター側を抜き取りメインを外します(余熱しながら)
DSC_2177


このぐらいはまだ綺麗な方のスラッジ痕、もっと濃厚な状態の時があります


ケースも1回割れて修正されております
強大なトルクを発生されたエンジンからマウント4本のボルトで固定されたミッションは
加速時エンジンから引っ張られリアチェーンから引っ張られ綱引き状態なので
しっかりボルト締結・アライメントあってないと破損につながります
まし締め点検はハーレー乗り必須です

この匂いはいいい匂い〜トルコオイルですな


DSC_2178







悪玉菌摘出


DSC_2179




パーツを洗浄点検します

DSC_2180






逆の順番で組付けします

DSC_2181



メインドライブスペーサーもシールのリップで擦れ摩耗大でして交換
ニードルもマイクロで測定し組付けます
組付け時はスーパーZOIL添加しております

DSC_2182


サイドクリアランスもOK!!ギア系はある程度の遊びが必要です夫婦間もサイドクリアランスは必要です
狭すぎてもだめ
少将はクリアランスだらけでございます・・・・たまにはノンクリアランスを希望でございます


シフターフィンガーローラーもJIMSに交換
ストレスなくクルクル

DSC_2185



3Mシリコーンを充填し漏れ防止いたします

DSC_2187


ロックキー こいつをいつも無くします 忘れずに組付け


キック側も交換

DSC_2189



動作確認・・・・・



DSC_2191



完了であります
ご依頼ありがとうございました!


GWシーズン到来!バイカーの皆様にお願い



毎日たくさんの来客ありがとうございます!大型連休突入まじかです

連休入るということで皆さんにお願いがあります

事故は起こさないよう、起こさせないよう
ハートにゆとりを持った気遣いの配慮と
紳士な運転をお願いいたします

道路に入る際、車が来ているときは無理して侵入せず
10秒待って後続車がいないところで入りましょう
10秒またず事故ることを考えたら、ほんの10秒・1分なんて安いものです

起こしてからでは遅いのです



そしてハーレーや旧車に乗っておられる方はエンジンオイル交換は怠ることの無いよう
お願いいたします、左近、車もオイルも性能が上がりまして 
オイル交換サイクルを長めの習慣がある方がほとんどだと思います

ハーレーや旧車は全く別物ですのでエンジンオイル交換はいっても2000キロ毎にすることをお勧めいたします

オイル交換の際、皆さんの使用したオイルは毎回触って確認させてもらっています
メーカーごとに質が違うのがわかります
オイルを売りたいが為に言っておるのでは決してありません
バイクを大切に乗ってほしいからこその気持ちです

ピカピカに磨くのもいいでしょう
パーツを付けるのもいいでしょう

しかしエンジンが壊れれば、走れなければ意味がありません



オイル代をケチった代償は大変額の大きい修理になります

これは直すほうも・乗る方も気分が悪いものです


当店は消耗品であるエンジンオイル交換工賃は排気量問わず
財布にやさしい 税込み1080円(オイル代別途)にてお受けしております

是非、ご活用ください

GW前ということで、ハーレーの補修部品系 点火系 電装系 ホース系 グリップ系
大量に仕入れました!普通のバイクやでは対応出来ないような工具・部品も取り揃えております 

山形内陸部でトラブルが発生したかたがおりましたらご一報いただければ駆け付け・引き上げも可能です仲間内に何かありましたら「あそこならできるよ!」とお見知りおきくださいませ


最後のお願い

バイクが路上でトラブって止まってる方を見かけたら
できる範囲でいいので声をかけてあげてください
何もできなくてもその人に何か1つプラスになるはずです


バイクは場所を移動するだけの乗り物ではないと私は日ごろから思っています
スマホばっかり見て下を向いてる世の中にバイクはリアルな人間の繋がりをもつ
唯一の存在です

バイクの楽しみは時を乗ることができます

出先でのトラブル対応も、出会いも、全部一期一会。

思い出ができるこれがバイク乗りにしか味わえない醍醐味なのです
同じバイカーとしてお互いに繋がる
これを大切にしていきましょう!!!

では皆さん良いGWを!!!!!

事故はだめよ!

ではでは〜




sr400VMX



春近し


まだやらなければいけない箇所をのこしておりますが
sr400のオフロードがようやく形になりました

この色合いなんともいえませぬ

205は息子の誕生日 一緒に走ってる気分になれます

DSC_0085



タンクにメータ埋め込みしとります


DSC_0087



リア廻りもシンプルに
シートが本田だってぇ〜  これはCD50の捨てられるはずだったシート
リサイクルです

大根の葉を食うのと同じ感覚
あんこうは捨てるところがないのと同じ

金出して形を買うのは簡単

作る方としては
如何にまずく価値がないものを価値あるようにするかそこにかかっているのであります

DSC_0088




このリアですが意外と手が込んでまして・・・・

DSC_1783



1本パイプを切らず溶接なしにてリブループしてあります

DSC_1809


地味な加工がポイントのエッセンス


キャブレターはCRMのビンテージもの

DSC_0090


アイドリング時からのレスポンスもなかなか




ゼッケンプレートベースも製作いたします
DSC_1796



このラインがお気に入りです

DSC_1849






6V カブ90エンジン エンジン組み完成編 



節々が痛い・・・・風邪のひきはじめの模様

毎日寒くてションベンしか出ない当ブログ

真面目にカブをくみ上げておりました


DSC_1581


ジェネレーター側を見ていると・・・・

ウッドラフキーが・・・・

曲がっとる


DSC_1602




比較


DSC_1601




どんだけ緩んだまま回ったか、入れる時うちこんだのだろうか・・・交換しときました



DSC_1603



トルクレンチで各部ナットを締めます

バカチカラは絶対ダメ
じゃりじゃりネジもダメ

綺麗にしてから締めます

DSC_1605


キックアームはCT50用?????


このエンジンは1968年CT50の車体にのっかるので在ります

CT50といえばエンジンにH〜Lギアを変更できる副変速がついている代物

その車体に現代の部品を組み込み乗せ換えるのであります

毎日ションベンしか出ね。あて言ってるわたくしには高嶺の花


黄色だからションベン色だ〜何ていうとビール瓶で殴られます注意



出力UPに伴いスプロケ変更は重要です

そうしないと爺さんが軽トラ1速でALL走っているような光景になります

誰かセカンドギアがあるってことを教えてあげてください・・・・


二次減速比=F16・R35=R÷F=2.1875

各ギアワイドレンジで使えますが88CCは1速発進もたつきます
今回のエンジンは49.5ストロークに52丱團好肇鵝.悒奪匹72CC用


考えただけで・・・・スコチーン


下から圧縮比のおかげで
ビンビン快速仕様です

DSC_1604



車体にエンジンを載せ
DSC_1606


やっとこさここまで来ました

プラグを付けて空キック・・・・

これです!この圧縮感!まっておりました!!!!


images





ハイカムも入っとるので楽しみ


DSC_1608




キャブはPE24

DSC_1607




次回始動にはいります〜


7bef2f5c





クランク芯出し台 製作




使いやすい簡単な芯だし台が欲しいと・・・在庫たまった材料をつかい

フライス加工からスタート
ベース裏板にはナットが空転しないように当て棒を溶接
DSC_0073





Vブロック部はある程度部材どうし溶接してからフライス加工に入ります

10佝弔箸呂い溶接熱で歪みでるので

背筋がシャンとしたのを作るには冷めてから底面側面をびしっと90度で仕上げます




DSC_0075





ガレージにある色んなクランクを乗せてみて

クルクル・・・


DSC_0072


ちょうどイイサイズだ 


意味もなく回し続けるのでありました・・・・


7bef2f5c


SUZUKI RMX250 クラッチ修理




ばかっ速いモトクロッサー2ストRMX
常にリアが滑り出しゆっくり走るなんぞや出来ないのがこのバイクの特徴

予想以上の遥か上の加速

キャブレターは最近生産終了となったKEIHIN PJキャブ


DSC_0070


レスポンス性能に関しては一番ピーキーなキャブレタでございます

アイドルアジャスターはスロットル開度で調整するのではなく
チョークバルブを開閉し混合気濃度で調整するタイプ
そして
分離ではなく混合仕様になったRMX

痺れます

DSC_0065




今回はクラッチに不良があるようで
1速に入れるとクラッチが張り付き取れないとの症状

早速カバーOPEN
DSC_0063


DSC_0068


ハウジングに段差ありました
ひどい段差です

フリクションプレートのツバ端面も角取れてまるくなっております


これが面で当たらず点あたりすることにより
溝はさらにえぐれ回転方向に駆動力が掛かった状態だと
フリクションプレートがニッチもサッチも行かない具合




DSC_0066



急発進を頻繁にするモトクロスのエンジンの過酷さがうかがえます


部品は再生可能であればお願いしたいとの事

よしっ!というわけで


アルゴン溶接でハウジング全周肉盛り
手ヤスリで仕上げていきます
DSC_0069





組み付け後

クラッチは問題なく切れるようになりました!!
よかったですねぇ〜

こんなモンスターマシンは一般の方にはお勧めできません
そんなマシンでした 


6V カブ90エンジン シリンダーヘッド編 




本日も鼻水垂れる干し柿もコンパクト
チンポジ良好になる寒空の中

寒河江カレー館のカツカレー大辛であったまり

時間かけてカブエンジンに集中

エンジンいじったらこれはなじぇしてでも変えてほしいパーツ

OILポンプ

DSC_0031



予算ないがらしぇ〜は〜  なんて言っていると後から大変
この部品値段以上に泣くことになります





エンジンをパワーUPするということは発熱量が上がります
それを冷却するのはキャブから吸ったガソリン
エンジンフィンからの放熱
内部で循環しているオイル



上記が冷却の働きをしている内容です


その中でもオイル循環は空冷エンジンであれば水冷エンジンのクーラント的存在に値いたしまして

大変重要な部品

カブでボアアップ後エンジンブローしている人は
ピストン系組み付け不良かオイルライン系不良かと思います


今回はシフトアップの強化オイルポンプに交換
オイルシャフトドライブを回しながら組み付けていきます


そして昨日軽量化したドリブンプレート装着

DSC_0033


ストレーナーも忘れずに・・・・





クラッチ組み付け(専用工具要)
ワッシャープレート向き注意

DSC_0034






クラッチセンターの6000ベアリングも新品に交換


DSC_0035






クランク・キックアーム・シフトシャフトシールを交換

DSC_0036




DSC_0047



DSC_0046




この際ドレン・テンショナー部のワッシャーも交換

DSC_0044



DSC_0045









クラッチ側は完成
カブ系エンジンは横にしないとおむすびプレートが中々はまりずらいので注意


DSC_0041







ピストンヘッドを毎度ながらに研摩

DSC_0049


ちょっと一工夫
何台もばらしていると色々なアイデアが生まれます
横型エンジンは毎度シリンダー下部が摩耗しているため
少しでもオイルがクッション代わりになるように
オイルホールを開け周りにオイルだまり加工





ピストンクリアランスCHECK

DSC_0050


0.04シクネスが刺さるかなーって具合
後に0.03が入ったので合格です

これが大切




シリンダーヘッド内部のバリ取り・オイル戻り側ホールの口元拡大

DSC_0052





まだまだチューン作業は続きます・・・・今日は寒くてションベンも出ね





バルブポリッシュ
加工前
DSC_0056





加工後
DSC_0057





バルブすり合わせ
カブはバルブが小さいのでたいへんです
こういう時はコンパウンド付けて

はじめタコ棒〜中フラッパー〜仕上げタコ棒
で仕上げます

そして
当たり良好〜

DSC_0058





永遠の添加剤ケミカル

スーパーZOIL

を添付して組み付けます

DSC_0059





クリックするとこの商品の特徴が載っております是非ごらんあれ
↓↓↓↓↓↓↓

スーパーZOIL

当店ではスーパーZOIL代理店なので2スト用から4ストまでさまざまあり! 
チェーンスプレー等在庫しております




そして・・・・・

来ました
ヘッド完成!!

DSC_0060






このロッカーアームの輝きたまらん!
蓋をしたら見えません。

DSC_0061



しかし寒い。。。。
早く帰って風呂でフグリをもみほぐさねどな〜



DSC_0062


次回につづく・・・・




6V カブ90エンジン シリンダーヘッド編 



本日は定休日 

YAMAHA TYで最上川へと


遊びに行ってきました


DSC_1563



この時期は性欲溜まった金玉はち切れんばかりのMr.サーモンが
日本海からやってまいります



珍味白子の燻製は旨いですが


おいし〜


という女子に

index


ドキッとするのは男の性。。。




タンクがガス欠なるくらい楽しんだので仕事に戻り

カブのポート研磨をしばし

インテーク

テロテロ

DSC_1567



エキゾースト


DSC_1569






スキッシュエリアの形状変更&研磨

DSC_1568





ロッカーアームも5g軽量&研磨

DSC_1571


40g→35gへ


グラインダー仕上げのままでもよいのですが

研磨目を鏡面にすることにより
応力が局所にかかるのを抑える役割があるのであります



今日はこんなところで、ではでは〜



7bef2f5c



Do it your Self !
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

JITTERBUG CYCLE オリジナルステッカー 全国送料82円!
1df32bdbb90da0235e4e
ギャラリー
  • CL175・CB175の考察
  • CL175・CB175の考察
  • CL175・CB175の考察
  • CL175・CB175の考察
  • CL175・CB175の考察
  • CL175・CB175の考察
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ